信用取引の手数料は?

信用取引の手数料体系を理解しよう

株式投資の売買形式には現物株トレードと信用取引トレードがあり、信用取引トレードでは証拠金の約3倍の金額で株式を売り買いすることがk脳です。しかし、現物株の取引と同様に証券会社に支払う手数料が発生しますので、なるべく手数料を減らすようにすることが投資効率を高める上で重要になります。
信用取引トレードでは売買の際に必要な取引手数料だけでなく、買いの場合の買い建て金利と売りの場合の売り立て金利も発生します。買い建ての場合は証券会社に対してお金を借りて株式を買うため、借りているお金に対して金利が発生し、売り立ての場合は証券会社から借りている株券ごとに所定の金利が発生するのです。
現物株トレードよりも手数料がかかるということをまずは理解しておきましょう。

短期売買・デイトレードはさらに安く

信用取引ができる証券会社は大手証券会社とネット証券会社に大別でき、ネット証券会社の手数料は大手証券会社よりも安く設定されています。また、証券会社によって信用取引のトレードスタイルに応じた手数料設定をしている場合もあり、数日間で売買を終える短期トレードの場合の手数料を安くしていたり、一日の中で手じまいするようなデイトレードの場合は手数料がかからないという証券会社も存在しています。
もしもデイトレードや短期売買を中心に信用取引をしようと考えている場合は、このような手数料設定となっている証券会社を選ぶ方がおすすめだと言えるでしょう。
インターネットの口コミサイトでは各種証券会社の手数料比較なども掲載されていますので、自分のトレードスタイルい見合った証券会社を選ぶようにしましょう。