信用取引のメリットは?

手持ちの資金以上の金額を動かせる・レバレッジ効果

信用取引は証券会社からお金や株を借りて株の売買をする取引手法です。この取引のメリットは手持ちの資金以上の株取引ができることですね。証券会社によって差はありますが、手持ち資金の約三倍の額で取引が可能です。つまり50万円の元手なら、信用取引では150万円分の取引が可能になります。この様に手持ちの資金以上の金額を動かす事をレバレッジ効果と言うそうです。レバレッジとはテコの原理を意味しています。
信用取引によって取引可能な資金額が増えれば大幅な利益を狙えますし、購入出来る銘柄の選択肢も増えますよね。それに、手持ちの資金が足りなくて株を買うベストなタイミングを逃してしまった、といった場面も大幅に減らせますよ。

下落相場でも利益が出せる・空売り

株取引では株価の下がった株を購入し株が値上がりしたら売って、その差額で利益を出します。つまり安く買って高く売るのが株取引で利益を出すのが基本です。株を高く売るには株価が上がる必要がありますよね。ただ、時には株価が右肩下がりでサッパリ上がらない時もあります。そんな下落相場では普通の株取引では利を出すのが難しくなりますね。
ところが、信用取引の取引方法の1つである空売りを使えば下落相場でも利益を出す事が可能なんです。証券会社から株を借りて、高値がついている時に売ります。その株が値下がりしたら買戻し、証券会社に返します。空売りした株と買い戻した株の差額が利益となります。空売りは株価が下がらないと利益にならないので、下落相場こそ大きなチャンスというわけです。